イギリス発祥のスポーツ

イギリス発祥のスポーツ


〜フットボール&ラグビー編〜
イギリスはフットボール(サッカー)発祥の地です。イギリス人は本当にサッカー好きで、ダンナの同僚のイギリス人は、

「イギリス人が好きなものは、ビールフットボール、以上!」

と言っていました。イギリス人のフーリガンも、世界的に有名でしょう。そのくらい、イギリス人の多くはフットボールに熱狂的です。
私が住んでいるレスターのチームもディビジョン1でプレーしているので(あぁ昨シーズンまでプレミアだったのに・・・)、何度かスタジアムに観戦に行きましたが、日本のスタジアムでサッカーを見るより数倍おもしろいです。一人で観戦に来る人も結構いて、でもサッカー好き同士、通じるものがあるらしく、知らない人でも友達同士のように観戦しています。
ブーイング野次も、日本の数倍迫力があります。例え自分のチームでも愚かな失敗は一斉に「ブゥーブゥー」。なかなか厳しいです。(でもこれが結構おもしろい)
ゴールの瞬間はみんなが見逃すまいとワーっと一斉に立ち上がって、背の小さい私は全く前が見えなくなります。ガードマンの人数も、日本では考えられないくらい大勢いて、ファンが興奮してピッチに出ようものなら、一斉に数人のガードマンに手足を捕まえられて、外に運ばれます。(これがまた結構おもしろい)
マンチェスターやリヴァプールのファンは特に柄が悪いので、時々ファン同士の乱闘シーン等もテレビ等で見られます。

日本人ってやっぱりおとなしい人種のかもしれません。


イギリスはラグビー発祥の地でもあります。レスターの場合はサッカーよりもラグビーが強いので、「勝つ試合が見たいからオレはラグビーを見に行く」という人もいます。ちなみにレスターのラグビーチームは、ヨーロッパでもトップレベルなのだそうです。

さて、フットボールとラグビーをスタジアムで観戦して、気が付いたことがあります。サポータの態度があまりにも対照的です。よって、

スタジアムの規則まで大きく違います。

いかにフットボールファンがエキサイティングかが分かりますよね。(同じ人物でもサッカーを見る時とラグビーを見る時は態度が変わるのも笑えます。)

フットボールラグビー
アルコールアルコール一切禁止アルコール類OK(場内にパブあり)
座席の指定全席指定指定席も立ち見席もあり
サポータ席境界厳重。フェンス+警備員。入り口も別相手サポータとの境界なし(一緒に仲良く観戦)
得点した時満場総立ちで大歓声パチパチと"拍手"
ミスした時大ブーイング+野次ハァ〜っと"ため息"



Home / Culture / Foods / Travel / English garden / English VS American / About UK / E-mail

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO