パブ

パブとは・・・
日本にもパブと呼ばれる夜のお店がありますが、パブという単語はイギリスから来たものです。(でも日本のそれとは全く違うのは皆さんもご存知の通りですが・・・。)パブが、"Public House"の略であることからわかるように、イギリス人にとっての"社交場"であり、夜になるとローカル(地元)のパブでビールを飲みながら、近所の人とお喋りを楽しんだり、プールゲーム(ビリヤード)やダーツを楽しんだり、時にはフットボール(サッカー)をスクリーンで観戦して、地元のチームを応援したりしています。ローカルのパブに外国人が行くと、一斉に振り返られたりするくらい、地元の人の溜まり場です。

カウンターで注文と支払い
パブでは、注文も支払いも、すべてカウンターです。ビールに限らず、パブ飯を注文する時も、カウンターで注文して、先払い。後から席に運んでもらいます。

ビールの注文
グラスは、pint(パイント=568ml・・・生中くらい)か、その半分のhalf pintで注文します。ビールには、

もちろん、ワインやウイスキー、カクテル等の各種アルコールやソフトドリンクもあります。

割り勘はしない
友達とパブに行く時は、交代でおごるのがルールのようです。年上の人から順に支払い、おごってもらった飲み物は飲み干さないと失礼になります。3人で行けば、平等になるように、3杯飲むことになります。大人数で行ったら大変らしいです。

ビールは水代わり?
イギリス人はビールが大好きです。ドイツ人が昼間から水代わりにワインを飲むというのを聞いたことがありますが、イギリスでも昼間からパブでビールを飲んでいる人がいます。イギリス人にとって、ビールはアルコールの部類に入らないのではないか・・・と思うくらい、とにかくアルコールに強いみたいです。

おつまみはナシ
パブでは、パブ飯(食事)の他に、crisps(クリスプス=ポテトチップス)なども売っていますが、基本的にはイギリス人は、おつまみなしでビールだけを飲んでいます。

パブの営業はどこも夜11時まで
法律で、パブの営業時間は朝11時から夜11時までと決められているそうです。中には、夜11時になると カーテンを閉めて、違法にオープンしているパブもあるそうですが、基本的には11時になると追い出されます。まだまだ飲み足りない場合は、バーやクラブへ行けば朝方まで大丈夫です。ちなみに、イギリス人は踊るのが大好きで、老いも若きも?踊れるスペースがあればみんなノリノリで踊っています。特に金曜・土曜の夜の街は若者で溢れて、クラブは夜中でも長蛇の列(待ち)だったりします。

戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO