最悪の医療制度

イギリスの医療システムは、日本と全く違います

GPに登録しなければ診てもらえない。
イギリスに住み始めたら、GP(General Practitioner)という”町医者”のようなものに登録しなければいけません。GPに登録しなければ、治療は一切受けられません。若しくは、高いお金を払ってプライベートの医者に診てもらうことになります。GPに登録すれば、診察料は無料。かかるのは薬代だけです。更に・・・

登録には非常に時間が・・・
GPが不足しているらしく、登録には非常に時間がかかります。本来は、英国に住み始めたら直ぐに登録しなければならないのですが、私たち夫婦はそれを怠ったため、冬にひどい風邪をひいた時に、医者に診てもらえませんでした。すぐにGPに登録しようとしましたが、何と2ヶ月かかりました・・・。

風邪を引いても、妊娠しても、骨折しても、目が痛くても、GP。
風邪だろうと怪我だろうと妊娠だろうと、まず登録したGPへ行きます。GPで手におえない場合に初めて、そのGPから”専門医”を紹介してもらうシステムなのです。だから、日本のように風邪をひいたら内科医に、ケガをしたら外科に、妊娠したかな?と思ったら産婦人科医に、目が痛かったら目医者に・・・そして自分のお気に入りの医者に、という訳にはいきません。更に、緊急の場合以外は、専門医に診てもらうまで、かなり待つことになるそうです

まずは、電話予約。
日本みたいに、

「ちょっと今日は風邪で熱が出たから、今から内科に行ってくるわ〜」

という訳にはいきません。GPに診てもらうのには、電話で予約をしてからです。聞くところによると、当日予約が取れるとは限らず、下手すれば予約は3日後になってしまうこともあるようです。(風邪ならこじれるか治るかしているのでは・・)

緊急以外は、待っても待っても・・・
治療費が無料なのと、医者が不足しているのか、緊急の場合以外は、患者はかなり待たされるようです。私の友達は、お腹に発見された塊を摘出するのに、「良性だから」というだけで、3ヶ月も待たされました。もちろんその3ヶ月の間にも、塊は成長してしまうわけです。でも、こちらから「まだですか?」なんてプッシュしても全く無効化で、病院からの電話を待つしかないのです。
ギネスブックに載った人だっています。
糖尿病の患者が、医師やベッド不足を理由に、搬送用ベッドでなんと77時間半待たされて、怒った患者がギネスに記録を申請したとか。そりゃ怒りますよね。 以下、週刊ジャーニーの抜粋です。

英国では、予算や医師・看護婦、ベッド不足などから、患者が長時間待たされるケースが恒常化。
手術も平均6〜9ヶ月も待たされ、18ヶ月待たされた患者が死亡するなど社会問題化している。

歯医者は別
歯医者ににもNHSとプライベートがあって、これはまた別に登録しなければいけないそうです。先日(7月初旬)、銀歯がとれてしまい、歯科のNHSに登録しようとしたら、

「今、夏休中だから、先生に診てもらえるのは9月上旬になるけど」

と言われました。2ヶ月も放っておいたら銀歯も合わなくなってしまう・・・信じられません。

戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO